HOME > ブログ@ラックスマン > D-500シリーズの修理について

ブログ@ラックスマン

[2010.7.22 15:21]

D-500シリーズの修理について

いつもラックスマン製品をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

サービスセンターへよくお問合せのある製品に、1990年発売のCDプレーヤーD-500シリーズがあります。 ウエッジシェイプデザインと優れた音質で、現在も沢山のお客様にご使用いただいております。

d500 
写真は1994年発売のD-500

価格は250,000円~380,000円、と当時としても高額なプレーヤーでした。
そしてこのシリーズにディスクドライブメカとして搭載されていたのが、かの有名なフィリップスCDM3!

cdm3_b
CDM3:ダイキャストベースに取り付けられた、スイングアーム・ピックアップ

ラックスマンサービスセンターにて、このCDM3の部品在庫が無くなってから5年ほど経ちます。
当時はD-500の音が聴けなくなってしまう、と慌てて修理をご依頼された方も多くいらっしゃいました。

現在、オーナー様からのお問合せで…
「不具合が出たら修理出来ないのでは?」
というご質問を多くいただくのですが、
「実は…場合によって修理できる可能性が高いです。」

もちろん、故障内容によっては修理出来ないピックアップもありますので、
実際に見せていただかないと何ともいえませんが、 個々の機器の状況によっては修理可能です。

既に発売から20年、オーナーの方にとってはいろいろな思い出も詰まっていらっしゃるのでは…
ぜひこの機会にメンテナンスをしてみてはいかがでしょうか。

修理の費用につきましては、ピックアップ以外の故障の場合もございますので、 実機の確認をしないと断定はできませんが、 3~5万円程度になる場合が多いと思います。
 
また、 正しく動作している場合でも定期的なメンテンスが重要ですので、オーバーホールの場合もご相談下さい。

※ お預かりした機器の状況により修理不可の場合があります。
※ 修理で出来ない場合はそのままご返却させていただきますのでご容赦下さい(往復送料のご負担はお客様でお願いします)。

投稿者 luxman |サービス通信

ページTOP
ページTOP

LUXMAN BLOG FEED

注目記事

最新記事

カテゴリー

以前の記事

記事検索