HOME > ブログ@ラックスマン > 隠れたベストセラー(サービス編その2)

ブログ@ラックスマン

[2009.6.23 18:23]

隠れたベストセラー(サービス編その2)

今回は電源ケーブルJPA-10000のご紹介です。
この電源ケーブルは現在のラックスマンの最も標準的なパーツで、プリメインアンプL-590AIIやパワーアンプM-600A、SACDプレーヤーD-06などの純正添付品として製品に付属されています。皆さんも試聴会や店頭でご覧になったり、使用した機材の音をお聴きになられた事もあると思います。

jpa10000
ラックスマンの隠れたベストセラーとして君臨するサービスパーツJPA-10000

皆さんご存知のように電源ケーブルは、全ての音響エネルギーの大元となる電源電流を伝送するための重要パーツですが、JPA-10000は、音楽のボトムをしっかりと支え、厚みと芯のあるしっかりとした音質が特徴です。

現在の製品ラインアップのなかでは、ヘッドフォンアンプP-200やフォノアンプE-200、真空管ネオクラシコシリーズのSQ-N100、D-N100等に付属のケーブルからの交換で、かなりの音質的なグレードアップが期待できると思いますよ。もちろん旧製品でもACインレットが3Pタイプの機器であれば装着可能です。

電源環境のグレードアップにご興味がある方は、ぜひサービスセンターまでご用命ください!
・本体価格5,250円、代引送料840円、合計で6,090円となります。
※JPA-10000は単品で販売されている商品ではなく、サービスパーツですのでパッケージはありません。

投稿者 luxman |サービス通信

ページTOP
ページTOP

LUXMAN BLOG FEED

注目記事

最新記事

カテゴリー

以前の記事

記事検索